商業登記

商業登記は会社の戸籍のようなもの、と考えればよいでしょう。商号をはじめとした会社の情報は、法務局に届け出なければなりません。届け出る際にはさまざまな書類が必要で、場合によっては何度も法務局に足を運ぶ羽目にもなりかねません。司法書士野村事務所では、商業登記にかかる各種手続きを適切に代行致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ

設立

法人を設立する場合、その目的や名称、役員などの詳細を管轄の法務局所在地事務所に届け出ます。原則として代表取締役が登記所に出向いて申請することになっていますが、代理人に委託することも可能です。司法書士野村事務所では、この設立登記にかかる各種手続きを適切に代行致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

役員変更

会社役員とは、言うまでもなく代表取締役、取締役、監査役を指します。役員の任期制が適用される株式会社の場合、非公開会社(株式譲渡制限会社)であれば、定款で定めれば役員の任期を最長で10年まで延長することが出来ます。
※有限会社の場合は、監査役の設置は任意ですし、代表取締役を置く義務もありません。 また、通常は定款で取締役の任期を定めませんので、任期満了による退任又は重任などの役員変更登記手続きを行なう必要もありません。
これは、会社法施行により特例有限会社になった後も同様ですが、特例有限会社は取締役会を設置することは出来ません。
※定款で全ての株式の譲渡制限を定めている株式会社であっても、取締役会を設置している場合は、従来通り(会社法施行前と同様に)取締役3名以上且つ監査役(又は会計参与)1名以上を置かなければなりません。
また、任期伸長規定の定款変更をしていない場合は、従来通り原則の2年任期制が適用されます。
役員変更登記手続きをする為には、その変更内容によって、総会議事録(又は同意書)、取締役会議事録、就任承諾書などの書類の作成が必要になります。
役員変更登記の手続きは、本店所在地と支店所在地の両方で行なう必要があり、本店所在地においてはその役員の就任承諾日から2週間以内、支店所在地においては3週間以内です。
また、この場合、登録免許税の納付が必要で、資本金1億円以下の会社の場合は、本店所在地での手続きは1万円、支店所在地での手続きは6000円です。
※上記の期間内に登記手続きを怠った場合は、100万円以下の過料に処される場合が有ります。
なお、過料とは秩序罰であり刑罰ではありません。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

目的変更

会社の事業内容(目的)を変更する場合には、目的変更の登記が必要となります。類似商号規制が廃止され、目的の中身も会社法の改正によって大幅に緩和されたことで、目的の適法性、営利性および明確性のみが審査されています。ただし、業法や、金融機関の融資の審査の過程においては、具体的な目的の記載が求められることが少なくありません。特に、許認可を必要とする業種では、事前に関係省庁に確認するなどの調査をしておきましょう。司法書士野村事務所では事前調査を含めた目的変更登記の手続きを適切にサポート致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

移転

会社や本店を移転したり、住居表示実施により変更となったときは、本店移転の登記を法務局に申請しなければなりません。本店移転登記後の登記事項証明書は、税務署、社会保険事務所、金融機関等にも届け出る必要があります。司法書士野村事務所では移転登記の手続きを適切にサポート致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

商号変更

会社の名称(商号)を変更する場合は、商号変更の登記が必要となります。商号は原則として自由に変えることができますが、有名企業と同じであったり、類似の商号で営業した場合、不正な目的で他の会社と勘違いさせるような商号で商売をしていると判断され、商号の差止請求や損害賠償請求の対象となるリスクがあります。後々のトラブルを回避するという意味でも事前の調査をお勧めします。司法書士野村事務所では事前調査を含めた商号変更登記の手続きを適切にサポート致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

組織変更

2006年5月に新会社法が施行され、すでに設立されていた有限会社などは、旧法に比べて簡易な手続きで株式会社に移行できるようになりました。司法書士野村事務所では、組織変更にかかる各種手続きを適切に代行致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

増資

資本金を増額(増資)した場合、登記変更する必要があります。費用は増加する資本の額によって変わります。司法書士野村事務所では、増資にかかる各種手続きを適切に代行致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

合併

合併の効力が発生すると、存続する会社に変更登記を、消滅する会社には解散の登記をする必要があります。司法書士野村事務所では、合併に伴う各種手続きを適切に代行致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る

解散

会社を閉鎖する場合には、その会社の解散の登記を申請し、清算手続きを担当する清算人を選任する必要があります。解散および清算人選任登記に関する手続きは、各種書類の作成など専門的な知識が必要です。司法書士野村事務所では、解散にかかる各種手続きを適切に代行致します。

まずは気軽にご連絡を――
随時相談受付中 0120-713-613(道内通話料無料)

メールでのお問い合わせ
ページトップへ戻る
商業登記
設立
役員変更
目的変更
移転
商号変更
組織変更
増資
合併
解散
司法書士の紹介はこちら

携帯サイトもご覧になれます。左記QRコードをご利用ください。